プラセンタサプリは危険?本当に効果あるランキング

プラセンタサプリは危険?効果のほどをランキングで検証

プラセンタとは何?

 

最近話題になっている美容成分のひとつにプラセンタは数えられますが、そもそもプラセンタというのは胎盤を元にしたエキスのことを言います。プラセンタは英語で「胎盤」を意味する言葉です。

 

今は美容や健康に効果があるということで幅広く使われていますが、古くから漢方薬としては用いられていて、冷えや便秘、疲労回復などに対して用いられました。

 

美容品などに用いられているプラセンタは、もちろん動物の胎盤をそのまま持ち込むのではなく、その胎盤の中から成長を促すために有効な因子や栄養素を抽出したものが用いられています。

 

プラセンタが今注目されている理由は、ひとつには美白効果があって美しくなりたいと願う女性たちのニーズに合致していること、そしてもうひとつは生活習慣病の改善成分として大きな効果があると見られています。

 

美白効果の中でプラセンタが重要視されるのは、全身の代謝を良くし、肌のターンオーバーを促す効果があるからで、これによって古い細胞・傷んだ細胞が剥がれ落ち、そして新しい健康的な細胞が肌の表面に増えるようになるからです。

 

生活習慣病とは生活習慣から来る様々な病気のことで、有名なものでは糖尿病などがありますが、もっと言えばニキビや冷え、薄毛なども生活習慣から来ていることが多いので、こうした様々な症状に対して効果があり、難病予防にもなるので健康を気遣う人たちにもとても珍重されているのです。

 

ですから、肌トラブルをはじめとして、いろんな体のトラブルで悩む人々の強い味方としてプラセンタが注目を集めているのです。

 

 

プラセンタの安全性は?

 

健康増進や美容に効果があるとして話題になっているプラセンタですが、摂取する方法は大きく分けて医療機関で処方される内服薬と、一般に市販されているサプリメントとがあります。その他にも、最近は美容品などの成分として用いられることも増えているようです。

 

医療機関において使われているのは人の胎盤から抽出した「ヒトプラセンタ」で、これは安全性を保つために医療機関でしか使用が認められていません。厳しい検査基準をクリアした製薬メーカーにおいてのみ医薬品の製造が認められています。

 

市販のサプリメントでは、プラセンタエキスの原料として豚由来の「ブタプラセンタ」が使われることがほとんどで、高級品として最近は馬由来の「ウマプラセンタ」が使われることがあります。一時期は牛由来のプラセンタもありましたが、狂牛病が流行してからは使われていないようです。

 

これらは、いずれも感染症などの危険性があるため、厳しい品質管理基準を満たしたもの以外は使われないようになっているので、基本的には安心です。製薬メーカーも健康食品メーカーも、安全性の確保のために日々研究を重ねています。

 

プラセンタによるサプリを摂取し始めると、生理の時期が早まったり出血量が多くなるケースや、軟便となるケースが見られるそうですが、これらは体の機能が活発になっていく中で起こる反応ですから、副作用というような危険なものには該当しません。これらは服用を続けていく中で自然とおさまります。

 

しかしながら、アレルギーの反応を示すケースや薬剤性肝障害を起こすケースも無くはないですから、体質的にリスクのある方の場合は使用を控えた方が賢明でしょう。

 

プラセンタは哺乳類の胎盤

 

プラセンタは英語で「胎盤」という意味をもつ、今話題の美容成分です。これは哺乳類の胎盤から有効成分を抽出した胎盤エキスの通称として使われ、このプラセンタは美容や健康に意識の高い人々の注目を集めています。

 

一般的に胎盤には、アミノ酸やタンパク質、脂質、糖質などの栄養素と、身体の働きを活発にするビタミン・ミネラル・核酸・酵素といった成分、そして細胞の新陳代謝を促す成長因子などが豊富に含まれています。

 

これらの働きによって胎児が短い期間に様々な体の機能を形成していくことができるのです。現在使われているプラセンタは、いろんな種類があり、医療機関で処方される「ヒトプラセンタ」や、豚や馬、羊など、様々な種類の哺乳類から抽出されたプラセンタエキスが用いられています。

 

これらは非常に栄養価が高い反面、感染症のリスクも抱えていますから、非常に厳しい検査を通らなければ使用することができません。血液検査や熱処理をはじめ、様々なチェックが行われているそうです。

 

徹底した安全管理の下で利用されているからこそ、今のところ目だった副作用などの被害については聞こえてこないのであり、その利用はもともと非常にデリケートなものなのです。

 

しかし、どれだけ安全とは言ってもやはり体質によってはアレルギーなどが出る場合もあるそうですから、そうした体質の方は避けた方が無難なことには違いありません。

 

こうしたプラセンタを使った健康食品が現在は増えていて、美容や健康の維持・改善に役立てられていて、特に対処療法が難しい色々な病気の予防に効果を発揮しているそうです。

 

水素サプリ

 

水素は悪玉活性酸素を無害化するということで美容健康面で注目を集めています。同じ効果で知られる、ポリフェノールやカテキンなどと水素 サプリ 比較してもその力は水素の方が上回っているよう。そんな水素の優れた面はいくら摂取しても無害、という点です。最終的には無害な水となって排泄され、過剰摂取の心配はさほど要らなさそうです

 

◇水素水と水素サプリ
水素は食事で取り入れるのはほぼ不可能。なので水素成分を抽出したサプリか、水素を豊富に含む水素水が最適です。どちらかと言えば成分量を比較してもサプリの方が質や保存性に優れていますね。その分値は張りますが…。水素水はサプリより低価格です。

 

水素水の欠点は水素を閉じ込めておくのが難しく消費期限がある点。密閉容器を用いても少しずつ漏れ出てしまっている可能性もありますし、開封してしまえばもう続々水素は失われていきます。早めの使用を推奨します。

 

水素水、水素サプリとも利点は一長一短といったところでしょうか。初めての方はお試し・返金保証制度を設けている商品が良いかと思います。気軽に試し比べて、ご自身に合うサプリや水素水を見つけてください。

 

タバコをやめれば中性脂肪対策になる

 

タバコを吸っていると吸わない人には中性脂肪の数値に違いはあるのでしょうか?またタバコを吸った場合にどういった影響を中性脂肪に与えているのかについて説明します。内容を見て、今後タバコを吸い続けるか判断しましょう。

 

メタボといわれるメタボリックシンドロームですが、これは内臓脂肪、高血圧、脂質異常といった疾患が2つ以上持っている方のことを指します。ただ太っているだけだと思っている方も多いですが、メタボは病気だということを認識しておきましょう。

 

また、喫煙者は、このメタボに陥る確率が、非喫煙者と比較すると1.37倍〜3.4倍高いと言われています。ですので、メタボになりたくない場合は、禁煙することをオススメします。ちなみに、タバコでメタボになる確率が増える理由は内臓脂肪を増加させるコルチゾールにあります。

 

また、男性ホルモンや女性ホルモンが減少することが理由にも挙げられています。また、喫煙することによって血液中の糖が増え、高血糖になるリスクが上がりますし、脂質代謝異常を引き起こす可能性もありますのでこの点も覚えておきましょう。

 

とにかく加齢によってメタボになる可能性というのは高まってきますので、もし今内臓脂肪が増えてきているといったり、メタボ予備軍だということが自分で分かっている場合は、内臓脂肪 サプリを使ったり、禁煙をするなどをオススメします。ちなみに、メタボリックシンドロームが進行すると、最終的には命を落とす危険性のある疾患になることもあります。

 

ホルモンバランスに注意

 

母乳の出方もやはり、ホルモンバランスと密接な関係があります。母乳が出にくいという人の中には、ホルモンバランスがもともと乱れやすい人も多いようです。

 

出産後は、妊娠中とはホルモン量の大きな変化が起こっています。また、代わりに授乳が始まり、同時に子宮の状態を回復させるためにホルモンの分泌量も変わります。

 

こういったホルモンバランスの変化は急激で、それがママの体や精神に大きな負担となることも少なくありません。特に、もともとホルモンバランスの変化に弱い体質の人ほどその影響が強く出るようになります。

 

授乳のためには、母乳の製造をするプロラクチン、そして母乳の分泌を促すオキシトシンというホルモンが関わっていますが、これがうまく分泌されないと母乳が出て行かないのです。

 

また、プロラクチンとオキシトシンのバランスが悪く、製造する分に応じて分泌され母乳が出て行かないと古い母乳が詰まってしまい、乳腺炎などを引き起こす場合もあるので注意してください。

 

授乳に必要なホルモンバランスも、基本的には食生活の乱れや疲労、ストレス、運動不足などの生活習慣から出て行くことが多いです。ですから、ホルモンバランス対策として規則正しい生活や食習慣には注意する必要があります。

 

妊娠期ほどあれこれとガマンする必要はなくなっているとはいえ、母乳をあげることを考えるとまだまだ妊娠前ほど自由にすることはできません。子供のためにも生活習慣や栄養状態をしっかり整えて、体調管理に注意するようにしましょう。

 

更新履歴